アラサーOL、のらりくらり

独身アラサーOLの思っていることとか。

舞台「野良女」を見てきた話。

 

「28歳派遣OL独身、彼氏は2年なし、でも結構美人」

そんな自己紹介で始まるこの舞台。

 

おいおいおい!!3年前の私の状況とかぶる!!とのっけから共感。

(ただ、美人というところは違う。)

いろんな状況のアラサー女性5人が集まり、あーでもないこーでもないと下ネタを話しまくる、宮木あや子さんの小説が原作の舞台。

 

普段はほとんど舞台は見に行かないけれど、原作が面白そうだったのと、舞台の年齢設定とどんぴしゃだったので興味を持った。

どうしようなかな~と悩んでたら、おひとり様席が少しお安く購入できるということで決意。

あとは、twitterをフォローしている、ぱぷりこさん、あたそさんがコメントしていたのも後押しに。

 

初日公演に行ってきました!

女性の方が多いかと思っていたけれど、男女半々くらい?な感じだった。

 

舞台はめっちゃ面白かったー!!!!2時間あっという間!!

まず、舞台慣れしていない私はその気迫に押される。

初めから下ネタ満載ー!!(結構リアルな女子トークな感じだった笑)

 

 自己紹介や恋愛観など、5人の一人一人のストーリーが展開していく。

共感する場面もあれば、狂気を感じる部分もあり、5人の要素ひとつひとつが自分の中にもあるんだろうなって感じた。

 

特に終盤の「アラサーは生きているだけでエライ」という一言からの怒涛のセリフに号泣。

頑張らなきゃ、と毎日奮闘してきた毎日に、もう少し自分に優しくしてあげようと思った。

 

 

 自傷行為をした友達に怒った後、「死んじゃダメ、私の友達だから」っていうの優しくないですかー!!!

 

もうね、結構つらいこといっぱいあるんだよ。

 

でも、彼女たちは間違えながら、転びながら何度も立ち上がって自分の幸せとは何か?を追及する。

答えを探しながらもがいて歩いていく。

 

そんな勇気をもらった舞台だった。

4/9までやっていて当日券もあるみたいなので、アラサー女子にはぜひ行ってほしい。

 

 

私も頑張ろう。たまには優しく。